AtoY

中世の刺繍芸術展

クリュニー中世美術館
20 19年10月24日~2020年1月20日
企画展覧会の空間構成とグラフィックデザイン
クリューニー中世美術館のガロ=ロマン時代のフリギダリウムという冷水浴場の空間にて、ヨーロッパの各美術館から集められた12世紀から16世紀の西洋刺繍のコレクションの展覧会の空間構成とグラフィックデザインを担当した。
フリギダリウムの空間にわずかに残るレンガ色の石からインスピレーションを受けた展示壁は、刺繍の鮮やかで豊かな色を引き立てながら、フリギダリウムの空間の可視性を損なうことなく空間に調和した。
わずかにパースペクティブのきいた斜めに配置されたこれらの壁は、鑑賞者を自然に導くと同時に、ピンクからレンガ色までに段階を踏んで塗り分けられた色はテーマごとに分かれたセクションの区切りを明確にする。
バックライトによって光るテキスタイル上のテキストは、中世の暗さを残した空間にアクセントをもたらした。
施主・主催 :
Réunion des Musées Nationaux (RMN)
コミッショナー :
Christine Descatoire
コラボレーション :
Stéphanie Daniel (照明デザイン)
面積 :
350 m²
写真クレジット :
Juan Jerez